261

IT系のカンファレンスに参加した話などを書いています

Backlogの運用で行ったこと

Backlogでなるべく課題は担当者が管理してまわせるように しようと思った際に決めたこと

  • WBSに沿って課題を設定する
  • 担当者は設定したら基本的に変更しない
  • レビュワーを決めたらWikiに書いておく
  • 状態遷移の条件を決めたらWikiに書いておく
  • 仕様はWikiに書いておく
  • 子課題の設定は親課題担当者に任せる
  • 状態の変更は課題の担当者に任せる
  • gitのリポジトリは開発用、sandbox, stubを用意した

解説

WBSに沿って課題を設定する

ベースとなる課題はWBSに沿って作成し、 細かい課題は子課題として設定する方針にした。

担当者は設定したら基本的に変更しない

レビューするときにレビュワーを担当者に変更するというようなことはしない  あとは回答してほしいひとに担当者を変更するとかもしない。  ああいうことはチャットツールとか使ってやったほうが  早いと思わないのだろうか・・・・

レビュワーを決めたらWikiに書いておく

 忘れてしまうので

状態遷移の条件を決めたらWikiに書いておく

レビュー依頼したら処理済みに変更するなど  忘れてしまうので

仕様はWikiに書いておく

 忘れてしまうので  wordやらで管理は嫌なのでwikiに書くようにした  課題と紐づけたりできると便利なのになぁ 出来るらしい   https://backlog.com/ja/help/usersguide/markdown/userguide1760/#

子課題の設定は親課題担当者に任せる

 基本的な方針

 そうすることでリーダーが管理しなくて良くなる  

状態の変更は課題の担当者に任せる

 基本的な方針で、

 そうすることでリーダーが管理しなくて良くなる

gitのリポジトリは開発用、sandbox, stubを用意した

 開発用はいいとして、sandboxでアーキテクチャの検討や、gitに慣れていない人用  などの遊び場として用意した  stubはstubを用意する場所がほしかったくらいの理由