261

IT系のカンファレンスに参加した話などを書いています

ubuntuへのGitサーパ環境の構築

Git のサーバーリポジトリを立てたときに調べたことのまとめです。

Git をサーバとして使うには以下を設定しておく

  • リポジトリを作成するときに--bare オプションをつける
  • リポジトリにgit-daemon-export-okファイルを作る
  • 作成するリポジトリ名のサフィックスに.gitをつける(慣習)
  • gitユーザアカウント(無くてもいい)
  • git daemonの設定(毎回立てるのが面倒なのでデーモン化)
  • sshの設定 (パスワードなしでアクセスできるようにしときましょう)

gitをインストール

$sudo aptitude install git-core

ubuntuに公開用リポジトリの作成

cd /home/aaa/testrepos

git init touch Readme.md git add . git commit -m "first commit"

ubuntuに公開用リポジトリの作成

cd /var/repos git clone --bare /home/aaa/testrepos ./testrepos.git touch ./testrepos.git/git-daemon-export-ok

デーモン起動用パッケージインストール sudo aptitude install git-daemon-run

sudo vim /etc/sv/git-daemon/run 以下のように編集(下記オプションについてはGitServer 参照のこと)

#exec git-daemon --verbose --base-path=/var/cache /var/cache/git

exec git-daemon --verbose --base-path=/var/repos --export-all --enable=receive-pack

デーモンを再起動

sudo /etc/init.d/git-daemon restart

おまけ

adduserでgitアカウントを追加

参考リンク

ubuntuでのgit server構築

bareリポジトリ

GitServer